その敬語間違ってるかも?!就活で間違えやすい敬語をまとめて紹介

敬語を話しているつもりでも学生言葉になってしまっていることも…。

そこで、この記事では就活生が面接時に間違えやすい敬語をまとめて紹介しています。就活で正しい敬語を使えると、「この学生はしっかりしている」と選考官の方々に好印象を与えることが出来ます。このような印象を与えたい方は、今すぐこの記事を読んで敬語を勉強していきましょう。

そもそも敬語とは?就活生なら尊敬語と謙譲語の違いはチェック

就活で間違えやすい敬語について紹介する前に、そもそも敬語とは何かについて簡潔に解説していきます。敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。
尊敬語は相手に対し敬意を示す言葉のことです。尊敬語の例として「行く」→「いらっしゃる」が挙げられます。
この一方で謙譲語は自分をへりくだるときに使う言葉です。謙譲語の例としては「行く」→「伺う」が挙げられます。
また丁寧語は丁寧に表現するときに使う言葉で、「です」「ます」で表現します。多くの学生にとって一番馴染のある敬語は丁寧語だと思います。

就活で間違えやすい敬語

まずは就活でよく使う言葉であるにも関わらず、就活生が間違えやすい言葉を紹介します。以下の2つの言葉を間違えていると「この子ビジネスマナーを知らないのかな」と大幅な原点をくらう可能性があるので、間違って使っていたら今すぐ直すようにしてくださいね。

自分のことは「わたし」または「わたくし」

就活だけでなく、ビジネスにおいて自分のことは「わたし」または「わたくし」と言います。基本的に「わたくし」とまで丁寧に言わず「わたし」ということが多いですが、間違えても「俺」・「僕」と言ってしまわないよう、特に男性の皆さんは気を付けてください。

「貴社」と「御社」

選考を受ける会社のことを「貴社」または「御社」と呼びます。どちらも「会社」という言葉を丁寧にした言い方ですが、この差をご存じでしょうか?
貴社…ES・履歴書など書き言葉で用いる
御社…面接・電話など話し言葉
で用いる
ESに御社と書いてしまう間違えがよくあります。今一度、「貴社」と「御社」を使い分けられているか確認してみてくださいね。

間違えやすい敬語一覧

ここからは間違えやすい敬語を一覧にして紹介します。よくある間違えと正しい敬語を一対一で紹介しているので、少しずつでも覚えるようにしてくださいね。では早速見ていきましょう。

 

よくある間違い正しい敬語
志望させていただきました志望しました
先ほど言ったとおり先ほど申し上げたとおり
見ました 拝見しました
なるほどおっしゃるとおりです
参考になりました勉強になりました
了解しました・わかりました承知しました・かしこまりました
大丈夫です 問題ありません
すみませんが 恐れ入りますが
構いません差支えありません
お会いになったお会いした
ごめんなさい申し訳ありません
お送りさせていただきますお送りいたします
○○です【自己紹介のとき】○○と申します
~になります~です
ご苦労様ですお疲れ様です

 

敬語をマスターして就活で好印象を残そう!

この記事では間違えやすい敬語を紹介してきましたがいかがでしたか?

就活生の多くが「丁寧な言葉で話さなければ」と考えていますが、学生言葉になっていることも多く正しい敬語を使える人は多くありません。そんななかで正しい敬語を使うことが出来たら、「きちんとビジネスマナーを知っている」と選考官の方々から好印象を得ることが出来ます。この記事で紹介した頻出敬語は、少しずつでも覚えてマスターしてください!