【完全版】OB訪問のメールのマナーを例文つきで紹介!OB訪問までの流れが1からわかる!

OB訪問ってどうやるの?メールの仕方、マナーについて解説

「OB訪問って何からしたいいの?マナー違反して選考で不利にならないか不安…」といった悩みは、毎年の就活生が繰り返していることです。そこで、今回はこれからの時期に本格化していくOB訪問の際に覚えておくべきマナーや、OB訪問の際に使えるメールの例文集を解説していきます。

この記事を読めば多くの人がつまづくOB訪問のマナーや質問方法などの要点を抑えられるため、活用すればOB訪問、ひいては就活全体を有利に進められます。それでは、早速内容に入っていきます。

そもそもOB訪問とは?

OB訪問とは、自分自身が志望する会社や業界に勤めている(主に同じ大学の)OBを訪問することで、志望企業への理解を深めると同時に就活への布石として生かすことです。従来は、対面の形で食事を共に取ることでOBと会話をする形式が取られていましたが、コロナウイルスの流行以降はオンライン形式でのOB訪問も積極的に行われています。

OB訪問のメリットやOB訪問が必要な業界について

先述の通り、「OB訪問ってよくわからないから面倒くさい」と大半の学生が思っていることでしょう。しかし、OB訪問は絶対にするべきです。なぜなら、OB訪問制度をうまく利用することにより、就活を有利に進められるだけでなく、学生では通常知れないような会社の事情についても知れるなど、沢山のメリットがあるからです。

以下に、OB訪問のメリットをまとめて詳述していきます。

  1. 自己分析を社会人のレベルまで上げられる
  2. 企業の内部の情報が得られる
  3. 選考において優遇措置を受けられる可能性がある
  4. 社会人とのつながりを作れる

OB訪問のメリット① 自己分析のレベルを高められる

OBやOGの方々は、基本的に志望している企業の選考を突破しているだけでなく、その企業の雰囲気等の事情にも精通していると考えられます。ということは、その企業に内定するためのコツやマナー、求める人材像について、学生よりはるかに高いレベルで理解していると考えて良いでしょう。実際、ある総合デベロッパーの内定者は「OB訪問で仲良くなった先輩から、その会社の理想とする採用像を聞きつつ自己分析のアドバイスをしてくれため、後々の対策がしやすかった」と話しています。

以上のことから、企業の求める人材を知り、自分の素質と照らし合わせてアピールする材料を集められるため、OB訪問は自己分析や企業研究に友好な手段であるといえるでしょう。

OB訪問のメリット② 企業内部の情報が得られる

一般的に、就活生にとって企業内部の情報はとても仕入れにくいものです。HPや外部サイトで書かれていることが本当のことかどうかを確かめるのはとても難しく、逆に内部の事情を明確にしていくにつれて、就活時の悩みも薄れていくでしょう。

そういった意味で、企業内部の情報に通じている社会人から話を聞けることはOB訪問ならではの大きなメリットであるといえるでしょう。
実際のOB訪問では部署ごとの働き方の違いや企業の文化、働きやすさなどをフランクに聞ける場合が多いそうです。入社が決まっていない学生が相手だからこそ、OB側も会社の暗黙のマナーを気にせず気楽に話すことができる、とある大手広告会社の社会人は言っていたそうです。

プラスのイメージだったのにマイナスの実態を知ることもありますが、その逆にマイナスイメージがあった部分をOB訪問によりプラスの側面を知れることがあるかもしれません。社会人から得た信頼性のある情報を持って、スマートに就活を進められるという点でOB訪問にはやはりメリットがあると考えられます。

OB訪問のメリット③ 選考において優遇措置を受けられる可能性がある

OB訪問は、就活生にしてみれば社会人と接することができる貴重なタイミングですが、裏を返せば企業の側からしても、OB訪問をするほど志望度や自社への感心が高い学生と接するチャンスでもあります。
そのようなことを考えると、OB訪問の場でうまくアピールすることにより企業から選考優遇措置等の選考上のメリットを提供してくれる可能性があると考えられます。

実際に、ある大手デベロッパーの内定者は「内定後、選考を突破できたのはOB訪問をしてきた先輩方が、人事にプッシュしてくれたからだと聞いた」と話しています。他にも、一部の商社や金融では、OB訪問での評価がよければ、本選考でも加点されて選考を進められるそうです。

そのため、OB訪問をうまくかつようすれば、就活のライバルに大きな差を着けることもできるでしょう。
じゃあどうすれば差を着けられるようなOB訪問ができるのだろう?と気になる方は、その方法も紹介していますので、是非記事を最後まで読んでみてください。

OB訪問のメリット④ 社会人とのつながりを作れる

確かに、OB訪問をした際には社会人と話を聞く学生、という構図で話をすることになります。しかし、数年後に社会人になった際にはそのつながりが生きることもあるかもしれません。特に、コンサルや金融などの非事業会社に就職した場合、事業会社の社会人とのつながりはリサーチの際に大きな助けとなることが多いようです。

そのため、メリットとして人脈を広げられることを意識してOB訪問を位置づけるといいかもしれません。以上、OB訪問のメリットを4つほど紹介してきました。この他にもまだまだ細かいメリットは沢山あるので、是非1度OB訪問を活用してみてください!

次ページからは、OB訪問の際にメールを送るタイミングや、具体的なマナーについて詳述していきます!